MENU

金買取業者を選ぶポイント|高額買取してくれるのはどこ?

金買取業者を選ぶポイントについてですが、第一に高額で買い取ってくれるところを探すことが重要です。

 

金の査定価格は金買取業者によって大きく異なってくるため、最高額で買い取ってくれる業者を探す必要があります。基本的に金の査定は無料で行ってもらえるため、時間さえあれば困難な作業というわけでもありません。

 

しかし、あまり時間をかけすぎると金相場の変動によって売却するタイミングを逸してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

金買取業者はインターネットサイトを検索すると口コミが掲載されている場合があります。現在問い合わせ中の方、実際に買取をしてもらった方の意見は自分の体験に即したものなので参考になります。

 

また、金買取業者だけでなく、在籍している鑑定士の口コミも同時に調べておいた方が良いでしょう。優れた鑑定士であるほど適正な価格で金の査定を行うことができるからです。しかし、口コミをはじめとする他社への評価というものはネガティブなものの方が目立ちやすいという性質を持っているので、口コミを調べる際には情報を取得するだけでなく、選択と分析をすることも大切です。

 

私がオススメするのはスピード買取.jpという出張買取をしている業者さんです。店舗の数を減らすことによって経費を削減しているので、その分価格が上乗せされる可能性があります。

 

またプロの査定士が査定してくれるので、安い価格で売ってしまうことを避ける事が出来ます。良心的な業者さんですよ。

 

⇒スピード買取はこちら

金を売る方法は3つある|結局どれがいいの?

金を売る方法は、買取業者に実際に足を運ぶ実店舗での売却、買取業者の訪問による自宅での売却、買取業者に金を配送して売却する方法があります。そこで、これらの三通りの方法におけるメリットとデメリットについて解説していきます。

 

実店舗での売却と訪問による自宅での売却の場合、査定金額に納得することができればその場で金を現金化することができます。

 

しかし、買取業者に金を配送してから売却する場合、入金は銀行振り込みによって行われるので換金までに少し時間がかかります。しかし、この場合でも銀行振り込みは翌営業日には行っている買取業者がほとんどであり、すぐにまとまった現金が欲しいといった状況でもない限りはそれほど気にする必要はありません。

 

実店舗での売却の場合、実際に買取業者の店舗に足を運ぶ必要があります。自宅の近所に買取業者の店舗がある場合はともかく、ない場合は移動にかかる時間と費用の負担が大きくなります。そのため、自宅の立地状況によってはデメリットにもなると言えるでしょう。また、買取業者に金を配送してからの売却の場合、配送作業の手間がかかります。

 

しかし、訪問による自宅での売却の場合はこれらのデメリットがなく、気軽に利用することが可能です。近年では無料で訪問査定を行う買取業者も増えてきています。金買取ではいくつかの方法がありますが、現金を得るタイミングや状況に合わせて選ぶようにします。

金の買取で高額査定が得られるためのポイントって何?

金の買取で高額査定を得るためのポイントの一つが金相場を把握しておくことです。株価と同じように、金の価値というものは日々変動しています。そして、買取業者は買取時の金相場を基準として買取価格を決定するため、金相場が高い日と低い日では査定結果が変わってくるのです。

 

金相場の流れを予測することは難しいですが、予測できるようになると金の売買で大きな利益を得ることができるようになります。金は相場が高い時に買い取ってもらうことが大切です。

 

金の査定価格は金相場だけでなく、買取業者によっても大きく異なります。そのため、金の売却の際には複数の買取業者で査定を行って貰うのも重要なポイントです。また、これは金の売却だけではなく、金の購入に対しても同様です。具体的には、査定は2〜3店舗くらいは行ってもらう方がいいでしょう。

 

金は基本的に金としての価値、すなわち純度を主な基準として査定が行われます。ジュエリーやアクセサリーなどを買取業者に持ち込んでも、宝石としての価値は加味されない場合がほとんどです。そのため、ジュエリーやアクセサリーを売却する際にはそのデザイン性や芸術性を評価してくれる買取業者を探すことがポイントとなります。

金の鑑定士は査定時にどこをチェックしているの?

金は柔らかい物質であり、力を込めて押せば簡単に曲がり、擦れば簡単に傷がつきます。そのため、傷のある金製品を持っているものの、高値で買い取ってもらえるか心配しているという方も多いことでしょう。

 

しかし、金の鑑定士は査定の際、金製品についている傷はほとんど考慮しません。買取された金製品は基本的に溶かして再利用されることになるため、例え破損が酷くて原形を留めていなかったとしても特に問題はないのです。

 

鑑定士のチェックポイントとなるのは主に金の配合率と含有量であり、この2点によって査定金額は決定されることになります。

 

その他、高額査定を得るためには金相場を見極めることも重要です。金の価格は高くても欲しい人が多ければ高くなり、安くても売りたい人が多ければ安くなる、需要と供給の関係によって決定されます。

 

近年では日本経済の回復も影響して、世界中で金相場が高まっている傾向にあります。その他、2008年にアメリカで起こったリーマンショックをはじめとする経済不安が発生した場合も金相場は高まるとされています。

 

金は貨幣や株式よりも価値の上がり下がりが小さく信頼性があるため、安定した資産として活用されているのです。高額所得者では現金の代わりにインゴットを金庫に保管している方もいます。