MENU

金製品が本物か偽物かを見分ける方法

金は高価な代物であり、そのために金を謳った金メッキなどの偽物も多く出回っています。

 

金が本物か偽物か見分ける方法についてですが、まず、歯で噛んでみるという方法があります。金は金属ですが柔軟性があるので、歯で噛むと歯形が残ります。その他、金製品には必ず金の含有率を示す刻印が施されているので、こちらを確認するのも簡単かつ有効です。

 

金を本物か偽物か見分ける際によく使われるのは、比重による鑑定方法です。金はあらゆる時代、さまざまな産地で採掘されてきた金属ですが、その比重は常に一定で変わりません。

 

金メッキの多くはプラスチックなどの軽量の物質を使用しているため、実際に持って比べてみると明らかに重さが違うことが分かります。その他、水を使用すればより正確に金の容積を調べることも可能です。具体的には、まず金を水の中に入れ、増えた水の量から体積を調べます。次に、金の重量を量りで調べます。こうして体積と重量の情報から比重を計測することが可能です。これが基準値と異なる場合、その金は偽物だと判断できます。

 

買取業者では熟練の鑑定士が金の真贋鑑定を行っています。自分の判断に不安があるという方は、買取業者に鑑定を依頼してみましょう。