MENU

金の査定結果に影響を与える3つのポイント

金の中には10Kや14Kや18Kと呼ばれるものがあります。これは金の配合率を示すものであり、10Kの場合は42パーセント、14Kの場合は58パーセント、18Kの場合は75パーセントの金が含まれているということになります。

 

金以外に配合されている金属は銀や銅が一般的です。また、100パーセント、金だけで構成された24Kは純金と呼ばれています。金の配合率が高いほど金は高い価値を持ち、金の査定結果を決定する上で最も重要なポイントとなります。

 

また、金の査定結果では金の含有量も大きな影響を与えるものです。ジュエリーやネックレスを売却する場合、買取業者は金の配合率と含有量によって査定価格を決定します。

 

ジュエリーやネックレスの芸術性やデザイン性というものは基本的に考慮されません。そのため、ジュエリーやネックレスに傷や汚れがついていても、金の素材としての価値が損なわれるわけではないため査定結果には大して影響を与えないというのが一般的です。しかし、買取業者の中にはそれらを考慮して査定価格を決定しているところもあります。

 

その他、金を高額で買い取ってもらうためには金相場と買取業者を選別することも重要なポイントです。金相場が高い時期を見極め、高額で買い取ってくれる買取業者を見付けておきます。