MENU

金買取をしてもらう時税金ってかかるの?どのくらい?

金買取には税金がかかります。

 

金の売却を行う場合、金が金塊やインゴットなどの金地金なのか、金がジュエリーやネックレスなどの貴金属なのかで取り扱いが異なってきます。

 

金地金では売却の状況により課税される所得区分が異なってきます。

 

まず、金地金を個人が買取業者に売却する場合、基本的にはその場限りの取引となるため、譲渡所得による所得税の課税対象となります。また、事業として買取業者に売買する場合は事業所得に該当し、事業ではないものの営利目的で継続的に売買を行うというような場合には雑所得に該当することになります。

 

貴金属は生活用動産の売却に該当します。そのため、1個、または、1組の価格が30万円以下であれば課税対象にはなりません。貴金属の査定価格が30万円を超える場合、上述した金地金と同様の所得区分による税金が課せられることになります。

 

ほとんどの場合、金の売却で課税対象となるのは譲渡所得です。これは所有期間が5年以上の長期譲渡所得の場合、課税される譲渡所得の金額は短期譲渡所得の半分となります。短期譲渡所得の計算は、売却価格から取得価格と売却費用を引いた譲渡益に応じて行われます。

 

なお、金の譲渡所得には特別控除として50万円が設定されており、譲渡益が50万円以下の場合は課税されません。なお、同年に金地金以外の譲渡所得がある場合などはまた異なる計算が必要になります。